大隣まさかの4回途中KO「真っすぐ一本を打たれた」

[ 2012年9月7日 06:00 ]

<西・ソ>4回2死二塁、浅村(後方)に適時二塁打を浴びる大隣

パ・リーグ ソフトバンク2-9西武

(9月6日 西武D)
 中5日で先発のソフトバンク・大隣が今季最短KOで5敗目を喫した。

 3回1死から3長打などで2点を先制されると、4回は失策からピンチを招き、炭谷に適時二塁打。さらに浅村と秋山に連続適時打を許し、3回2/3を5失点で降板。「ピンチで力んでしまった。緩急をつけられず、真っすぐ一本を打たれた」と肩を落とした。首位とのゲーム差は6。それでも秋山監督は「一試合一試合、集中していくしかない」と前を向いた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2012年9月7日のニュース