元作新野球部員を再逮捕 県大会中にも事件起こしていた

[ 2012年9月7日 06:00 ]

 宇都宮中央署と宇都宮南署は6日、強盗強姦(ごうかん)容疑で作新学院高校の2年生で硬式野球部員だった元生徒(17)を再逮捕した。

 再逮捕容疑は7月15日午後6時ごろ、宇都宮市内を歩いていた少女(17)に金品を要求して、近くの住宅植え込みに押し倒して乱暴後、身に着けていた下着を奪い、背中や手足に全治3週間のケガをさせた疑い。「その通りで間違いありません」と供述し容疑を認めているという。

 元生徒は、作新学院も出場しベスト8まで進んだ今夏の第94回全国高校野球選手権大会の期間中の8月17日、別の少女への強盗と強姦致傷容疑で逮捕されていた。捜査幹部によると、遺留物のDNA型鑑定から元生徒の関与が特定されたという。

 生徒は8月21日に自主退学した。同校は岐阜国体の出場を辞退。今月5日には岩嶋敬一硬式野球部長を解任していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月7日のニュース