青木 9試合連続安打でチームも驚異的巻き返し

[ 2012年9月7日 06:00 ]

マーリンズ戦の3回、遊撃内野安打を放つブルワーズの青木

ナ・リーグ ブルワーズ8-5マーリンズ

(9月5日 マイアミ)
 ブルワーズの青木が技ありの遊撃内野安打で9試合連続安打とした。3回、外角寄りのカーブを「(あそこを)狙っていた」と遊撃手の一番深いところへ転がして出塁すると、続くウィークスが先制2ラン。7回にも四球を選び、この日2本目となるウィークスの本塁打で生還した。2得点で勝利に貢献し「ホームランを打ってくれたので、楽にホームに帰ることができた」と笑った。

 この9試合で35打数14安打、打率・400。チームも勝ち、最大12あった借金は5月4日以来の2に減り、ワイルドカードまで6・5ゲーム差に接近。驚異的な巻き返しに青木は「一時期のことから考えたら信じられない。あすも勝ちたい」と諦めない姿勢を見せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月7日のニュース