石川 苦しんで3勝目…援護の野手に感謝

[ 2012年5月16日 23:02 ]

交流戦 ヤクルト14-3ソフトバンク

(5月16日 神宮)
 ヤクルトの石川は苦しい投球が続いた。1回2死からペーニャ、松田に連続適時打を許し、5回まで毎回の9安打を浴びた。立ち直るきっかけをつかめず「悪いながらに投げないといけないのに、なかなか修正できなかった」と反省の言葉を口にした。

 それでも、打線の援護に恵まれて3勝目を手にした。左腕は「野手のおかげで何とか5回まで投げられた」と感謝しきりだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月16日のニュース