東海大に籍置く菅野 プロ入り後見据え現役選手と練習

[ 2012年5月16日 06:00 ]

 菅野は現在、就職が決まらない学生のための東海大の制度を使い、大学に籍を残している。

 公式戦の登板はできないが、練習は同大のグラウンドで現役選手とともに行っている。「いい決断をしたと思える1年にしたい」とプロ入り後の先発ローテーション入りに備え、週に1度は100~150球程度の投げ込みを行っている。またシート打撃などで打者相手の投球もこなし、実戦感覚の維持に努めている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月16日のニュース