糸井 プロ9年目で初の先頭打者弾「最高です」

[ 2012年5月16日 20:22 ]

1回、先頭打者本塁打を放ち三塁を回る日本ハム・糸井

交流戦 日本ハム―阪神

(5月16日 甲子園)
 日本ハムの糸井が1回、プロ9年目で初の先頭打者本塁打を放った。スタンリッジの速球を中堅へ。4月6日以来の2号は交流戦最速の一発でもあり「抜けてくれと思った。最高です」と興奮冷めやらない様子だった。

 3番から1番に起用されて8試合目。この間の全試合で安打しており、好調ぶりを見せつけたが、右翼の守りでは4回2死から平凡な飛球を落球した。それまで完璧だった吉川の足を引っ張り「守備の方をしっかりやっていきたい」と反省も忘れなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月16日のニュース