亜大 2季連続優勝 東浜 31勝&21度目の完封

[ 2012年5月16日 12:53 ]

 東都大学野球春季リーグは16日、神宮球場で行われ、亜大が中大を1―0で下して勝ち点を4とし、2季連続19度目の優勝を決めた。

 亜大の東浜は中大を3安打しか許さず、リーグ戦21度目の完封。通算31勝目を飾り、チームを優勝に導いた。

 東浜は5回まで緩急をつけた投球で無安打。7回のピンチも危なげなく切り抜けた。打線は中大の鍵谷を攻めあぐんでいたが、5回1死二塁から藤岡が右翼に二塁打して先制点を挙げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月16日のニュース