広島、今季8度目の零敗

[ 2012年5月16日 22:21 ]

交流戦 広島0-1楽天

(5月16日 マツダ)
 広島打線は辛島の術中にはまった。左腕に対して右打者を中心に打線を組んだが、胸元への直球と外角のチェンジアップで翻弄され、七回1死まで無安打に抑えられた。野村監督は「うーん…、何とも言いようがない。ビデオもずっと見ていたが、対応できなかった」と脱帽した。

 辛島の交代後も九回1死満塁のサヨナラ機を逸するなど救援陣も打てず、今季8度目の零敗。交流戦は昨季50イニング連続無得点で10連敗を喫するなど打線が苦しんだだけに、指揮官は「奮起してもらわないと」と危機感を募らせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月16日のニュース