交流戦白星スタート!原監督「いい形で突入できた」

[ 2012年5月16日 21:26 ]

<巨・オ>交流戦初戦を白星で飾り、ナインを迎える巨人・原監督(中央)

交流戦 巨人6-0オリックス

(5月16日 東京D)
 交流戦初戦に快勝し、今季初の貯金1。巨人・原監督は試合後「いい形で交流戦に突入できた」と手応えを口にした。
 
 初回、「打った瞬間、ホームランだと思った。最初の一番いい場面で最高の結果が出てうれしかった」と高橋由の10年ぶりの満塁弾などで一気に主導権を握った。宮国の緊急降板というアクシデントも、福田、星野、一岡とつないで無失点リレー。指揮官は「いいピッチングをしてくれた。一岡はプロ野球人として、いいスタートを切ったと思う。宮国?少し肩に…というところあったので、無理はさせないと。大事をとってということ」と話した。

 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月16日のニュース