駒大の1年生左腕・今永 上々のリーグ戦デビュー

[ 2012年5月16日 22:46 ]

東都大学野球 駒大7-2 日大

(5月16日 神宮)
 駒大の1年生左腕・今永が、上々のリーグ戦デビューを飾った。1点リードの8回2死一、三塁で登板。死球を与え満塁としたが、続く打者から自己最速タイの144キロ直球で空振り三振を奪いガッツポーズ。9回は3者連続三振に仕留めた。

 福岡・北筑出身の18歳は「最初はガチガチでした。自分の体ではないような感じでしたけど、徐々に落ち着いていきました」と興奮気味に語った。西村亮監督は「紅白戦ではいい内容だったので、1年生に懸けてみた」とマウンド度胸に目を細めていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月16日のニュース