お目覚めおかわり君2発!125打席ぶり今季2号&3号

[ 2012年5月16日 20:58 ]

2回西武無死、中村が左中間に先制ソロを放つ

交流戦 西武3―1DeNA

(5月16日 横浜)
  西武が中村の2本塁打の活躍で3連勝を飾った。先頭打者で迎えた2回。外寄りの直球に腕を伸ばすと、打球は高い弧を描いて左中間スタンドへ。4月1日以来、実に125打席ぶりのホームランだった。

 両翼94メートルと現在の本拠地球場では狭い横浜で、土井ヘッドコーチは「少し詰まっても入る可能性がある。しっかり球を呼び込んで打てる」と期待していた。チームにとっても待望の一発。昨季の本塁打王は盛んな祝福を受け「久しぶりのいい感触だったのでちょっと照れてます」と語った。「久しぶりだったので、思いっきり走った」というオマケつきの滞空時間の長さdった。

 さらに1-1と追いつかれた8回にも中越えへ3号2ラン。得意のDeNA戦で今季初の“おかわり弾”を放った。お立ち台に上った中村は「やっぱり4番を打たせてもらっているので、自分が打たないとなかなか勝てないのでこれからどんどん打てるように頑張りたい」と語り、渡辺監督も「4番の仕事をしてくれた」と褒め称えた。

 7回途中から救援したウィリアムスが来日初勝利。DeNAは2番手の加賀が誤算だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月16日のニュース