涌井2試合連続S!同窓生から3アウトに「どんだけいるんだ」

[ 2012年5月16日 23:13 ]

交流戦 西武3―1DeNA

(5月16日 横浜)
 西武の涌井が2試合連続でセーブを挙げた。2点リードの9回に登板。2死一塁から鋭い当たりを打たれたが、右翼の熊代が好捕して難を逃れた。「2アウトから四球を出したり、良くはない」と反省した。

 高校時代を過ごした横浜の球場で、打ち取った石川、小池、荒波は横浜高の同級生と先輩。この巡り合わせには「どんだけ(卒業生が)いるんだって感じですね」と表情を緩ませた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月16日のニュース