内海「順調、80点」川口コーチも全幅の信頼

[ 2012年2月8日 06:00 ]

フリー打撃に登板した内海

 開幕投手の有力候補でもある巨人・内海は藤村、矢野を相手に計48球を投じ、安打性の当たりは7本だった。

 外角を中心に得意のチェンジアップやスライダーも多投。藤村から空振りも奪った左腕は「バランスよく、いい球を投げられた。順調です。たまに抜け球もあったので80点ですね」と満足顔。見守った川口投手総合コーチは「外にうまく投げれば、そう打たれない。20勝?できるんじゃない」と全幅の信頼を寄せていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年2月8日のニュース