ゴンザレスが約120球…ホールトン加入も「自分のできることを」

[ 2012年2月8日 19:09 ]

投球練習する巨人・ゴンザレス

 巨人・ゴンザレスがブルペンで約120球を投げ込んだ。「疲れている中で投げることがテーマだった」と、丁寧に低めに球を集めた。

 昨季は3勝止まりだったものの、終盤はいい内容の投球を続けた。ホールトンが加入し、外国人枠をめぐる争いが激しくなるが「監督が決めることだし、自分でコントロールできないことは気にしない。自分のできることをやる」と、焦らずに調整を進めている。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年2月8日のニュース