恐るべきパワー大嶋 バックスクリーン直撃弾なのに「ちょっと詰まった」

[ 2012年2月8日 14:46 ]

紅白戦に出場し、初本塁打を放つ日本ハム・大嶋

 早大ソフトボール部出身の日本ハムのルーキー大嶋が8日、紅白戦の第1打席で本塁打を放った。

 会心の一撃はセンターバックスクリーンを直撃し、そのパワーを見せつけたが、大嶋本人は「ちょっと詰まった」と意外な感想を口にした。

 それでも「思ったより伸びてくれた。自分のスイングができた」と満面の笑み。1軍に抜てきした栗山監督の顔も思わずほころんだ。紅白戦とはいえ、指揮官の印象に残る一発。今後も期待が持てる“プロ初打席”となった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年2月8日のニュース