阪神ドラ1伊藤隼、打撃改造に充実の手応え

[ 2012年2月8日 06:00 ]

新フォームに挑戦する伊藤隼

 阪神ドラフト1位の伊藤隼(慶大)が新たな打撃フォームを試した。

 従来はバットを高い位置で構えていたが、片岡打撃コーチの助言で低い位置から始動し大きくテークバックを取る形を導入。特打では99スイング中3本の柵越えで「タイミングの取り方ですね」と充実の表情だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年2月8日のニュース