オリ開幕投手が…金子、投球練習“緊急中止”

[ 2012年2月8日 06:00 ]

金子はブルペン投球を早めに切り上げる

 オリックスの開幕投手に指名されている金子が、ブルペン投球中に右肘の張りを訴えた。21球を投じた後、赤堀投手コーチと話し合い、投球練習を中止。その後はトレーナー室に1時間以上こもった。

 岡田監督は「大したことないみたい。張りがあるだけ」と軽症を強調したが、金子は昨年も2月6日に右肘痛を訴え、開幕を棒に振っている。エース右腕は「きょうに限った話じゃないし、それだけで判断されたら困る」としたが、8日は別メニュー調整となる見通しで、開幕に暗雲が垂れ込めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年2月8日のニュース