マー君“ダル直伝フォーム”一時封印「厳しい」

[ 2012年2月8日 06:00 ]

ブルペンで投げ込んだ田中は納得いかず「あーーっ」と声を上げる

 楽天・田中がダル直伝の新フォームを一時封印した。5度目のブルペン入りで今キャンプ最多の112球。キャンプ序盤はレンジャーズ・ダルビッシュから1月の合同練習で助言された軸足の使い方を試していたが、この日は昨季に近いフォームでノーワインドアップ、セットポジションを使い分けた。

 「自然にできないと試合中も厳しいと思うんで」と、大幅なフォーム改造は中断する考えだ。

 違いは、ノーワインドアップから左足を上げる直前の軸足にある。軸足である右足のかかとをあまり上げずに母指球を利用し、クルリと爪先を三塁方向へ回して軸足で立つ。詳細については「うーん、どうなんすかねえ」と明かさなかったが、この日からは昨季と同様に右足を踏み替えており「なかなかうまいこといかないっすね」と話していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年2月8日のニュース