中畑監督“ウルウル”復帰!早速「キヨシ劇場」

[ 2012年2月8日 06:00 ]

マスク姿で現場復帰したDeNA・中畑監督

 キヨシ、涙の復帰――。インフルエンザに感染したため静養していたDeNAの中畑清監督(58)が7日、沖縄・宜野湾キャンプで5日ぶりに指揮を執った。

 練習前の全体ミーティングでは、自身が離脱したことを謝罪。さらに久しぶりの現場復帰に、目を潤ませた。それでも練習中は得意の冗談を交えて笑いを誘い、時には怒号に近いゲキを飛ばすなど「キヨシ劇場」は健在。インフルエンザの全快とともに元気印の指揮官も全開だった。

 選手宿舎のロビー。マスク姿で姿を現した中畑監督の目は心なしか潤んでいた。「みんな、おはよう!久しぶりだね。4日会わないだけで…」。報道陣にあいさつしながら、言葉に詰まる。「一歩も部屋から出てなかったからね。外にいられる喜びで感動しました」と顔を紅潮させた。

 普段は底抜けに明るく、涙とは無縁に思える指揮官が感極まったのも無理はない。58歳にして初のインフルエンザ感染。完全隔離でたまったストレスは限界寸前で「食事を運んでくれる人とのコミュニケーションだけ。あれがなかったら死んじゃうな、寂しくて。俺、ウサギちゃんだから」と振り返った。

 5日ぶりの現場復帰。まずはリタイア1号となったことを全体ミーティングで選手に謝罪した。「みんなには謝らなければいけない。本当に悪かった」。だが、ただ休養していただけではない。宿舎の自室から選手の動きを確認し、ビデオでもチェック。全選手の名前と特徴を把握し、コーチ陣に細かく指示も出していた成果は感じている。再スタートを前に「(DeNAは)歴史のスタートの中にいる。いい足跡を残そう。かましてやろうという気持ちがない限り、浮上していかないぞ。きょうからサバイバル」と訴えかけ、「俺も第1クールでため込んだ力を出し切る。目立って悪いけどな。俺、目立つタイプだから」と宣言した。

 その言葉通り、練習が始まれば独壇場だった。マスクを着用し、体を冷やさないようジャンパーも着たままだったが、「熱も下がって、熱いぜ!あれっ、熱いじゃまずいか」と笑いを誘うのは当然。周囲が制止するほど精力的に動き回り、投内連係の際は筒香に「球が来なくても呼べ!呼んでるのかっ!!」とゲキを飛ばした。入団テストを行う外国人3選手の内野ノックの際は、この日届いた真新しい青色のファーストミットを手に一塁へ。1、4球目の送球をポロリと落球したのはご愛きょう。特打、特守まで見守って球場を後にした。

 雨のため室内での練習が多くなったものの「全然、問題ない。いい時ばかりじゃないからね」。苦しい時を乗り越えれば楽しい時が待っている。キヨシ劇場、そして新生DeNAが盛り上がるのは、まだこれからだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年2月8日のニュース