ダル争奪戦に本腰か…ヤ軍GM「投手、投手、投手」

[ 2011年11月3日 06:00 ]

 ヤンキースはブライアン・キャッシュマンGM(44)と、新たに総額約900万ドル(約7億200万円)の3年契約を結んだと発表した。

 今季は先発投手の駒不足が最後まで解消されず地区シリーズ敗退。オフの補強のテーマについて同GMは「投手、投手、投手。最大の焦点は先発陣」と強調した。退団の可能性があったエース左腕サバシアの急転残留が決定したが、FA市場でレンジャーズのウィルソンやドジャースの黒田らの獲得を狙うとともに、メジャー挑戦の可能性がある日本ハム・ダルビッシュの争奪戦に加わる可能性が、米メディアの間で指摘されている。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年11月3日のニュース