宮本4タコ「投手は失点を最少に抑えている」

[ 2011年11月3日 06:00 ]

セ・リーグCSファイナルステージ第1戦 ヤクルト1―2中日

(11月2日 ナゴヤD)
 ヤクルトは5番・宮本も2回無死一塁で遊ゴロ併殺に倒れるなど4打数無安打。

 ロースコアの試合展開は中日だけでなく自軍のペースでもあっただけに、「接戦はお互いにやりたい試合。投手は失点を最少に抑えているだけに、勝たないといけなかった」と厳しい表情を浮かべた。

 ▼ヤクルト・伊勢総合コーチ(畠山らが好機で凡退)打てる人がいないからしょうがない。打線の組みようがない。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2011年11月3日のニュース