桐蔭横浜大が菅野攻略 サヨナラ打は1年生・阿部

[ 2011年11月3日 06:00 ]

関東地区大学野球選手権準決勝 桐蔭横浜大2―1東海大

(11月2日 横浜)
 桐蔭横浜大は菅野を攻略する劇的勝利で初の明治神宮大会出場を決めた。

 逆転サヨナラ二塁打を放った1年生・阿部は「野球をやってきて一番いい投手だと感じた。菅野さんから打てたので最高です」と大興奮。各打者にバットを短く持ってコンパクトなスイングを指示し、低めの変化球の見極めのためゾーンを上げて対応することを徹底させた斉藤博久監督は「勝つならこんなロースコアの展開しかなかった」と満足そうだった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2011年11月3日のニュース