“島根のジャイアン”野手転向へ「未練はない」

[ 2011年11月3日 06:00 ]

 ソフトバンク4位指名の白根(開星)が島根県松江市内の学校で、永山勝スカウト部長らから指名あいさつを受けた。

 1メートル86、98キロの恵まれた体格から最速149キロの剛球を投げる「島根のジャイアン」は、プロで内野手に転向予定。ドラフト当日は「どっちでもいい」と迷いもあったが、この日は「投手に未練はない」と言い切った。「プロ野球選手になる実感が出てきた。一日も早くチームの一員になりたい。試合では長打を狙っていきたい」と意気込みを語った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年11月3日のニュース