好調の井端 4回に石川からチーム初安打

[ 2011年11月3日 20:04 ]

セCSファイナルS第2戦 中日―ヤクルト

(11月3日 ナゴヤD)
 中日はヤクルト先発の石川を捉えきれず、3回まで走者さえ出せなかったが、4回に井端がチーム初安打を放った。

 1死から力強いスイングで左前に運んだ。「甘い球は全部いこうと思っている」と話していたベテランは、第1戦でも2本の二塁打を放つなど、好調を維持している。しかし、後続が倒れて先制点には結び付かなかった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年11月3日のニュース