“伏兵”飯原 値千金の先制弾「たまたまです」

[ 2011年11月3日 21:08 ]

 8回、先制本塁打を放ち、拳を握り三塁に向かうヤクルトの代打飯原
Photo By スポニチ

セ・リーグCSファイナルステージ第2戦 ヤクルト3―1中日

(11月3日 ナゴヤD)
 ヤクルトは打線の組み替えも実らず、中日・チェンの前に7回まで0行進。重苦しい雰囲気を振り払ったのは“伏兵”の一振りだった。

 0―0で迎えた8回2死、小川監督は7回までわずか1安打と好投していた石川に代えて飯原を代打で起用。この采配がズバリ的中する。「石川さんが頑張っていたので何とかしたいと思っていた」という飯原。カウント2―2からチャンジアップを捉えた打球は放物線を描き左翼ポール際に吸い込まれた。

 値千金の先制弾。レギュラーシーズンで本塁打ゼロの飯原は「たまたまです。手応え?あまりなかったですね」と照れ笑いした。一昨年の中日とのCSはケガで出場できなかった。悔しい思いをしたことを覚えています」。自身の悔しさも乗せた一打だった。

 采配がピタリと決まった小川監督も「好機もなかったが(飯原が)最後の最後に大仕事をしてくれた。石川も気持ちがこもった投球だったし、畠山が打点を挙げたのも大きい」と絶賛した。

 負ければ、中日の日本シリーズ進出に王手がかかる試合。何とか王手は逃れたが、厳しい状況に変わりない。飯原は「あしたから、また1戦1戦勝てるように頑張ります」と口元を引き締めた。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2011年11月3日のニュース