今季限りで退団の河原 適時打浴びる

[ 2011年11月3日 22:25 ]

セCSファイナルS第2戦 中日1―3ヤクルト

(11月3日 ナゴヤD)
 今季限りで中日のユニホームを脱ぐ河原が、0―1の9回1死一、三塁に3番手で登板。2死後に畠山に2点適時打を許した。

 大きな声援を浴びながらマウンドへ向かったベテラン右腕は「一塁は空いているし、ボールでよかった。ぼくのコントロールミス」と反省した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2011年11月3日のニュース