松井 ア軍との独占交渉期間が終了 他球団と交渉可能に

[ 2011年11月3日 15:32 ]

 米大リーグは2日、フリーエージェント(FA)選手と今季所属した球団による独占交渉期間を終了し、松井秀喜外野手(アスレチックス)福留孝介外野手(インディアンス)黒田博樹投手(ドジャース)斎藤隆投手(ブルワーズ)は3日から全球団との交渉が可能となった。

 注目の松井外野手について、アスレチックスのビーン・ゼネラルマネジャー(GM)は「個別の選手に関してはコメントしない」とした上で「FA市場で積極的に動くことはないだろう。今季所属した選手についてもそうだ」と説明した。

 この期間中に交渉がまとまる例は少なく、プホルス内野手(カージナルス)フィルダー内野手(ブルワーズ)レイエス内野手(メッツ)らの残留も決まらなかった。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年11月3日のニュース