ロッテ 6回に打者11人攻撃で6点!山本一プロ初勝利

[ 2011年7月20日 21:46 ]

プロ初勝利を挙げウイニングボールを手に笑顔を見せるロッテ・山本一(右)と勝ち越し打の早坂

パ・リーグ ロッテ7-5オリックス

(7月20日 京セラD)
 ロッテが集中攻撃で逆転勝ち。1―5の6回に打者11人、4四死球に今江、けがで昨年5月以来の先発出場となった早坂の適時打など4安打を絡めて6点を挙げた。2番手の山本一が5年目でプロ初勝利。

 早坂は「野球ができる喜びと、支えてくれた人に感謝の気持ちでいっぱい。本当に幸せ」としみじみと話した。

 打線がつながり、最大8あった借金を1にまで減らした。西村監督は「後半戦につながっていく」と言い、深くうなずいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月20日のニュース