福留 代打で空振り三振「結果は仕方ない」

[ 2011年7月20日 13:10 ]

フィリーズ戦の9回、代打で出場し空振り三振を喫したカブス・福留

カブス2―4フィリーズ

 カブスの福留孝介外野手は19日、シカゴで行われたフィリーズ戦の9回に代打で出場し、空振り三振に倒れた。打率は2割6分9厘。チームは2―4で敗れた。

 九回に代打で登場した福留は、フルカウントまで粘ったが空振り三振。「結果は仕方ない」と前を向いた。

 7回まで2―0とリードしながら、8回に追い付かれ、9回に勝ち越しを許す悔いの残る試合展開だった。フィリーズの左腕を攻めきれなかった前半を振り返り「今日のリーなら、もう2、3点は取れたかな。うちはチャンスに固まっちゃったから」と話した。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月20日のニュース