マー君 四球、けん制悪送球…「独り相撲」

[ 2011年7月20日 21:58 ]

日本ハム戦に先発した楽天・田中
Photo By スポニチ

パ・リーグ 楽天1-3日本ハム

(7月20日 東京D)
 ダルビッシュを相手に味方が1点を先制し、楽天の田中は「守りに入らず、攻めようと思った」という。しかし4回、先頭打者の糸井を四球で出すと、けん制球をそらして無死二塁。中田に初球を中前に運ばれて同点とされ、続く稲葉にはスライダーを右翼席まで運ばれた。瞬く間の3失点に「独り相撲の形になって情けない」と吐き捨てるように語った。

 普段は兄のように慕うダルビッシュとの投げ合いだったこともあり「あれだけの投手が相手で、ああいうことをしていては勝てない」と目をつり上げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月20日のニュース