中田 工夫を凝らして同点適時打!

[ 2011年7月20日 22:04 ]

4回日本ハム無死二塁、中田が中前に同点打を放つ
Photo By スポニチ

プロ野球 日本ハム3-1楽天

(7月20日 東京ドーム)
 0―1の4回無死二塁。日本ハムの中田がスライド気味に入った初球の144キロを捉え、二遊間を抜ける同点適時打を放った。「甘い球が少ない。初球から打ちにいかないと、と思っていた」。喜びから、一塁ベースを回ると力強く両手をたたいた。

 ステップしない打法を6月初めから続けてきたが、前日19日からは打席によってステップするようにした。「1打席目でタイミングが合っていた。ステップしていこうと思っていた」と工夫を凝らしての一打だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月20日のニュース