馬原 右肩筋挫傷…登録抹消で球宴も辞退

[ 2011年7月20日 06:00 ]

<ソ・西>右肩に違和感を訴え病院での検査結果を報告に来た馬原

 ソフトバンクの馬原孝浩投手(29)が19日、右肩の違和感のため出場選手登録を外れた。同投手は18日の西武9回戦(ヤフードーム)で9回に救援登板し、3三振を奪い12セーブ目を挙げたが、同戦後に右肩の不調を訴えた。

 19日に福岡県内の病院で検査を受け、「右肩関節の大円筋付着部の筋挫傷」と診断された。今後は2週間程度のノースロー調整となり、ファン投票で選出された22日からのオールスター戦は出場辞退する。馬原は「無理すれば行けるレベル。自分の中では(復帰まで)2~3週間ぐらいだと思う。焦らず確実にいきたい」と話した。馬原は08年にも右肩の違和感で4カ月にわたり戦線離脱している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月20日のニュース