秀岳館8強!エース元山16K快投で完封勝利

[ 2011年7月20日 06:00 ]

<宇土・秀岳館>16奪三振完封でチームを8強へ導いた秀岳館のエース元山

熊本大会4回戦 秀岳館3―0宇土

(7月19日 藤崎台県営)
 秀岳館のエース元山が宇土戦で16奪三振の快投を演じた。最速143キロの直球を軸に押しまくり、4安打で完封勝利。チームを8強に導き「自己最多?三振にこだわったことがないんで数は分かりません」と笑顔で照れた。

 元山を含め、今夏はベンチ入りする投手陣4人全員が140キロ超の右腕。その中で背番号1を背負うエースは準々決勝でも先発予定で、01年以来2度目の甲子園へ向け「次につながる投球をしたい」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月20日のニュース