川崎工科3年ぶり4回戦へ プロ注・青柳が好救援

[ 2011年7月20日 06:00 ]

神奈川大会3回戦 川崎工科7―1荏田

(7月19日 俣野)
 川崎工科は、プロ注目の青柳が好救援して荏田を下し、3年ぶりの4回戦へ進出した。逆転した直後の7回からマウンドに上がり3回を1安打無失点。右横手からの切れのある球で打たせて取った。

 「リリーフはあまり経験がないけど(先発の2年生)鎌田が頑張っていたから何とか抑えようと思った。(雨で)球が湿っていて投げやすいくらいだった」。国内球団だけでなくマリナーズなどメジャーからも注目される逸材は、打っても7回2死満塁から試合を決める走者一掃の二塁打。白石修二監督は「青柳がマウンドに行くとムードが変わる」とエースを頼もしそうに見つめていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月20日のニュース