日大藤沢 4回戦進出!雨で中断も集中維持 

[ 2011年7月20日 06:00 ]

神奈川大会3回戦 日大藤沢4―1大師

(7月19日 保土ケ谷)
 日大藤沢は雨天のため試合開始が50分遅れ、2回途中には46分間中断。山本秀明監督は「長い中断になるから飯でも食うか」などと声をかけて選手をリラックスさせるとともに、雨が弱まるとすぐにキャッチボールなどで体をほぐさせた。

 集中力を切らさなかったナインは再開後に3イニング連続得点して大師に快勝。中日・山本昌の実弟である同監督は「序盤は動きが良くなかったけど、中断の間にうまく調整できた」と納得の表情で振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月20日のニュース