ソフトバンク 今季初の同一カード3連勝!

[ 2011年7月20日 20:41 ]

3回ソフトバンク1死一、二塁、松中が右中間に先制3ランを放つ

パ・リーグ ソフトバンク4-1西武

(7月20日 ヤフーD)
 ソフトバンクが今季初の同一カード3連勝。日本ハムと並んで6年ぶりの首位ターンとなった。恒例となった「鷹の祭典」と銘打った西武3連戦で、前年に続いて今回の西武に3連勝。昨年も前半戦最後のこのイベントで勢いに乗り、最終的に逆転優勝。縁起のいい締めくくりとなった。

 3回に松中の9号3ランで先制し、4回は松田の3戦連発となる17号ソロで加点した。師弟関係の2人の今季5度目の“競演”。松田は自身初の3戦連発で打点をリーグ2位タイの51とし、前半戦を締めくくった。リーグ2連覇に向け「いい形で後半戦に入っていける。悪いというのを極力短く、好調を長くがテーマです」と決意を語った。

 和田は8回1失点で8勝目。金沢は9年ぶりのセーブ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月20日のニュース