西岡「狙って打てるものじゃない」俊足生かして内野安打

[ 2011年7月20日 12:27 ]

インディアンスにサヨナラ勝ちし、喜びを爆発させるツインズ・西岡

ツインズ2―1インディアンス

 ツインズの西岡剛内野手は19日、ミネアポリスでのインディアンス戦に「8番・遊撃」で出場し、3打数1安打だった。内容は二ゴロ、三ゴロ、遊撃内野安打で打率は2割2分4厘。チームは2―1でサヨナラ勝ちした。

 西岡は8回の第3打席でインディアンスの好投手マスターソンから遊撃内野安打を放った。

 前日に続く内野安打。「狙って打てるものじゃない」と言うが、俊足を生かすのも西岡の武器の一つだ。三ゴロに倒れた5回の第2打席も打球に勢いがあり「自分のスイングはできている」と納得の表情だった。

 ツインズは同地区首位のチームに逆転サヨナラ勝ちし、ゲーム差を6に縮めた。盛り上がる雰囲気の中で「この勝ちが明日につながればいい」と気分良さそうに話した。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月20日のニュース