小川監督珍指令 畠山 ベーブ・ルースの横でバット振って“御利益”

[ 2011年4月28日 07:36 ]

<ヤ・巨>試合前、畠山がベーブルース像を前に、快打を誓う
Photo By スポニチ

セ・リーグ ヤクルト4―1巨人

(4月27日 静岡)
 ヤクルト・畠山和洋内野手(28)が6号ソロを放ち、4番に座った17日横浜戦(神宮)からチームは負けなしの8連勝となった。
【試合結果】

 「試合前にベーブ・ルースに会いに行ったかいがありました」。25日に静岡入り。草薙球場前にヤンキース往年の名選手、ベーブ・ルースの銅像があることを知った。1メートル80、96キロとルースばりの堂々たる体格の畠山はニックネームが「ブー」。共通点を感じた小川監督は「拝みに行け」と珍指令を出した。

 当初は本気にしていなかった畠山だが、気が変わってこの日の早出特打前に銅像の横でバットを振ってみた。するといきなり第1打席で御利益が。日頃は畠山に厳しい小川監督も「あいつのホームランはきれいでしょう」と絶賛した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月28日のニュース