楽天が節電策を発表 ナイター時は15%削減

[ 2011年4月28日 19:54 ]

 プロ野球楽天は28日、日本製紙クリネックススタジアム宮城での公式戦開催時の節電策について、デーゲーム時は1時間当たりの平均電力使用量1271キロワットを10%削減し、ナイター時は平均使用量1583キロワットを15%削減すると発表した。

 コンコースの照明の消灯や、外野席後方の大型ビジョンの照度を落とし、またナイター後の照明消灯時間をこれまでの平均の30分後から15分後とすることなどで、使用量を減らす。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月28日のニュース