5点リードで藤岡投入…東洋大、盤石継投で首位浮上

[ 2011年4月28日 06:00 ]

<東洋大・駒大>8回途中から登板した東洋大・藤岡

東都大学野球第4週第2日 東洋大7―1駒大

(4月27日 神宮)
 東都大学野球春季リーグ戦第4週第2日は27日、2回戦2試合が行われた。東洋大は5点リードの8回途中からエース・藤岡貴裕投手(4年)を投入する盤石の継投で駒大を破って連勝。首位に浮上した。

 ここまで4試合全てに登板。チームを4連勝に導き首位に浮上させた。「次も全部自分が投げるつもりでいます」。狙うは東洋大初の全勝優勝。「戦国東都」では過去に6度しかない偉業だ。高橋昭雄監督は「欲張りかもしれないけれど、これからもこういう形になる」と勝ちゲームでは迷わず藤岡を投入する覚悟だ。

 ▼東洋大・鈴木大(3安打2打点。三塁打が出ていればサイクルヒットの活躍)サイクルは気づきませんでした。(カードの)1戦目は藤岡で勝てるので、2戦目は野手が頑張らないと。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月28日のニュース