ようやく勝てました 2年ぶりのソフトバンク まとめて2発は初

[ 2011年4月28日 07:14 ]

パ・リーグ ソフトバンク5―0日本ハム

(4月27日 札幌D)
 ソフトバンクが2本塁打を放ち苦手の日本ハム・武田勝を攻略した。

 武田勝は試合直前までソフトバンクからカード別最多の15勝(5敗)を挙げていた鷹キラー。昨季対戦した7試合でも無傷の5勝を許したが、09年9月27日以来の黒星をつけた。

 この日の本塁打はカブレラ、多村が4回に記録。武田勝から1試合に2本塁打は、09年4月23日以来2度目だが前回は松中、田上が4、6回に放ったもので、1イニング2発は初めてだ。

 カブレラは武田勝から3本目のアーチ。同投手からの本数としてはローズ(元オ=5本)に次ぐ2位タイとなり、今後も天敵KOに貢献しそうだ。

 ▼ソフトバンク・多村(4回2死一塁で1号2ラン)いい場面で打ててよかった。カブが打ったので思い切りいきました。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月28日のニュース