ヤクルト9連勝!館山2安打完封勝利!

[ 2011年4月28日 22:22 ]

巨人戦に先発したヤクルト・館山

セ・リーグ ヤクルト4―0巨人

(4月28日 静岡)
 9回2死。ヤクルトの館山は4度目の対戦となった小笠原を変化球で空振り三振に仕留め小さくガッツポーズ。2安打で決めた2試合連続完封に「何とか27個のアウトを取ることができた」と上機嫌に笑った。完璧な102球だった。

 7回に小笠原、ラミレスから連続三振を奪った140キロ台半ばの速球は切れ味抜群だったが、多彩な変化球を操って直球だけに頼らない。女房役の相川は「全部が完璧なくらいの球質。イメージ通りだった」とうなった。館山はこの日の相川のリードに「首を振らないでいってみた。データを取ってくれていたので、それを信じて投げた」と言う。この3連戦で、最初の2戦は投手陣がいずれも1点で抑えた。館山も、流れに乗った。

 これでヤクルトは引き分けを挟んでの9連勝。館山は「とにかくチームの流れのままにマウンドに立てた」と誇らしげだった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2011年4月28日のニュース