山内強運!6回途中降雨コールドで初完封

[ 2011年4月28日 06:00 ]

<中・横>6回途中降雨コールドながらプロ初完封を飾った山内

セ・リーグ 中日1―0横浜

(4月27日 豊橋)
 今季初先発の中日・山内が6回を無失点に抑え、降雨コールドながらプロ初完封勝利を挙げた。初回2死からスレッジに中前打を許し、続く村田を四球で歩かせる不安定な立ち上がり。しかし、ここでハーパーを一ゴロに打ち取り危機を脱すると、終わってみれば打たれた安打はこの1本だけだった。

 3回、4回と味方の失策で走者を出しても、動じることなく6回を投げ切った。「雨を気にせず、谷繁さんの要求どおりに投げただけです」。プロ通算3勝目にも控えめに喜びを口にした。

 07年の大学生・社会人ドラフト1巡目でプロ入りした右腕。4年目の飛躍を目指す今季は、4月3日のチャリティー試合・巨人戦(ナゴヤドーム)で先発し、5回を2失点に抑え初の開幕1軍をゲット。投手王国・中日にまた1人、期待の若者が加わった。

 ▼中日・谷繁(山内について)ボールが良く動いてくれた。あれがあいつの持ち味。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月28日のニュース