“グラブアシスト弾”擁護…イチ「矛盾したものある」

[ 2011年4月28日 06:00 ]

ア・リーグ マリナーズ7―3タイガース

(4月26日 デトロイト)
 マリナーズのイチローが珍プレーを擁護した。2回、タ軍の左翼手レイバーンがマ軍の先頭オリボが放ったライナー性の打球を追ったが、グラブに当てフェンスの向こうに飛び込む同点ソロにしてしまった。

 フェンス3メートル手前のプレーだっただけに、この試合まで打率・164と不振だったオリボは「これでツキが戻ってきたかな」と本塁打アシストに感謝。ただ、イチローは「あの時のレフトは太陽で(球が)見づらい。でも、あそこで逃げる(追わない)わけにはいかない。ただ、ぎりぎりまで追うと(今回のような)リスクが出る。そこには矛盾したものがある」と話していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月28日のニュース