斎藤、ブルペンで61球…アドバイスは“内緒”

[ 2011年4月28日 06:00 ]

キャッチボールを行う斎藤

 5月1日の西武戦(札幌ドーム)で、球団では62年尾崎行雄以来の開幕から新人3連勝を目指す日本ハム・斎藤は、ダルビッシュらと打撃練習後、ブルペンで61球の投球練習。「中嶋さん(バッテリーコーチ兼任)からアドバイスをもらったけど…。内容は言えません」とリラックスした表情だった。

 また、この日は斎藤の早大の恩師で前監督の応武篤良氏が北海道で講演会を開いた。斎藤の学生時代の秘話も披露して「斎藤の直球はプロで通用しますか?」などの質問も受けた応武氏は「斎藤が北海道の皆さんに凄く気にしていただいてるのが分かりました」とうれしそうだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月28日のニュース