吉見 今季初白星!落合監督「ゼロじゃ負けない」

[ 2011年4月28日 21:18 ]

6回横浜1死一塁、金城を三直併殺打に打ち取りグラブをたたいて喜ぶ中日先発の吉見

セ・リーグ 中日4―0横浜

(4月28日 ナゴヤD)
 中日に頼もしい右腕が戻ってきた。昨季のオフに右肘の手術を受けたエースの吉見が今季2度目の先発で初勝利を挙げた。本拠地のお立ち台で「やっと帰ってきました」と笑顔で歓声に応えた。

 球の切れ、制球は百パーセントでなくとも、要所を抑える投球術は健在だった。一回は安打と2四球で2死満塁とされたが、金城を3球で一邪飛に。五回2死一、三塁でスレッジを遊飛に仕留めた。「粘り強く投げようと思った。バックの好プレーに助けられた」とチームメートに感謝した。

 開幕から出遅れているチームにとって、投手陣の柱の復活は明るいニュース。救援陣も無失点でつなぎ、落合監督は「(失点が)ゼロで勝てないこともあるけど、ゼロじゃ負けない」と笑みを浮かべた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月28日のニュース