“晴れ男”由規、集中切らさず5回1失点2勝目

[ 2011年4月28日 06:00 ]

<ヤ・巨>グラウンド整備する横で投球練習をする由規

セ・リーグ ヤクルト4―1巨人

(4月27日 静岡)
 ヤクルト・由規は、雨の中のマウンドで5回1失点と踏ん張り今季2勝目を手にした。雨脚が強くなった4回1死から2分間、5回終了後に58分間と計1時間中断。試合再開と同時に降板した形となったが「今まで投げた試合で雨で中止になったことがない。自分で晴れ男だと思っていました。あまりないことだったけど、集中力を切らさずに投げることができた」と振り返った。

 最速は152キロをマークした中、フォークボールも織り交ぜるなど変化球も多用して打たせて取る投球を心がけた。荒木チーフ兼投手コーチも「いつもより大人。しっかりゲームをつくれるようになったのかな」とねぎらった。13日の開幕カード(北九州)では今季初黒星を喫した巨人に雪辱。5回72球と球数を減らした内容に「良かったと思う」と本人も納得の様子だった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月28日のニュース