4日間で消化 落合監督の宿題に答え出した大砲

[ 2011年4月28日 07:29 ]

セ・リーグ 中日1―0横浜

(4月27日 豊橋)
 中日はブランコの8試合、33打席ぶりの本塁打による1点を守って降雨コールド勝ち。最下位を脱出した。

 落合監督の与えた宿題に答えを出した。0―1で敗れた20日のヤクルト戦(神宮)後、不振に陥るブランコとグスマンの両助っ人に対し、「あいつらが打たなくては優勝はない」とゲキを飛ばした指揮官は、翌21日にさっそくアドバイスを送った。

 B砲は、その教えを試合のなかった22日からの4日間で消化した。「ボールの見方とか、外のボールを追っかけないとか、そういう技術を教えてもらったんだ」。変化球を完璧にとらえた一打にその成果が表れていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月28日のニュース