帆足17球でノーゲーム…中3日でVS斎藤?

[ 2011年4月28日 06:00 ]

パ・リーグ 西武―楽天

(4月27日 皇子山)
 西武の先発・帆足が降雨ノーゲームを残念がった。初回にいきなり無死二塁のピンチを招いたが、後続を抑え無失点。結局、2度の中断の末に中止となり「きょうは(調子は)良かったですね。(調整は)全然大丈夫。次回頑張ります」。

 渡辺監督は「1週間は空かない。日本ハム戦に行けるかも」と説明。球数が17球だったために、次回登板は中3日で5月1日の日本ハム戦(札幌ドーム)が濃厚となった。昨年は3勝を挙げ、今季初登板となった13日の対戦(札幌ドーム)では7回途中3失点で白星をマーク。相手先発はルーキーの斎藤が濃厚なだけに、日本ハムキラーとして投げ勝つつもりだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月28日のニュース