一触即発!西武―日本ハム戦で「何、にらんどんのや」

[ 2009年7月10日 06:00 ]

<西・日>9回、日ハム・清水コーチ(左)が西武・小野投手コーチとの口論から乱闘寸前の騒ぎを起こし、梨田監督(左から2人目)、渡辺監督(同3人目)が審判と話し合い収拾する

 【西8-2日】9回の西武の投手交代時に、両軍の選手らがベンチから飛び出し、一塁線付近でもみ合う場面があった。発端は8回。西武・佐藤が頭部付近への投球を受けたことで日本ハムベンチをにらみつけると、清水外野守備走塁コーチが「何、にらんどんのや」と激高。そして西武・小野投手コーチが9回にマウンドに行った際に応戦した。渡辺監督は「真剣勝負ではよくあること」と話したが、7日に西武が受けた4死球が伏線となったようだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年7月10日のニュース